ショック!黒ばあちゃん

h5.jpg

「黒ばあちゃん」

孫の何気ない言葉。

ばあちゃんは笑ってるけど・・・

心では涙が・・

こんな哀しい話を叔母から聞きました。

孫には父方、母方の2人の祖母がいますが

どちらの祖母かわかるために「白・黒」を頭につけて呼んでいたそうです。

その子は当時3歳くらいだったので素直に見た通りに呼んだんだと思いますが

50代の叔母にとってはとってもショックだったと話してくれました。

農家なので日焼けもしていてシミもたくさんあったので

それからは少し気を付けるようになったそうですが・・・


シミについて調べていると、そんな20年以上も前の話を思い出してしまいました。






にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。






シミが出来る理由

今までシミがどうして出来るのか?なんて・・

深く考えたことはなく。

日焼けするとシミになりやすいことくらいは知っていましたけど・・ね。

h19.jpg

↑の図のように、肌は紫外線を浴びるとメラニンを過剰に生成して肌を黒くします。これが日焼けですね。

このメラニンは表皮細胞の中にとどまって紫外線から肌細胞を守る働きをするそうです。

メラニンっていうと肌に悪いようなイメージをもっていましたが

肌を守っているんですね~。

このメラニンも肌のターンオーバーで約1ヶ月で肌の表面に押し出されて垢となって剥がれ落ちます。

このため肌は日焼けして黒くなっても元の色に戻りますが、

過剰な紫外線や加齢などの影響によりターンオーバーが乱れるとシミになります。

シミを改善するにはメラニンの生成を抑えて、ターンオーバーを正常にすることが大切です。


紫外線対策

シミが出来る理由でも大きな原因の紫外線ですが

お肌のためにも、出来るだけ紫外線を浴びないようにしたいものです。

そのためには外出の時には帽子や日傘を使用して、

肌が出ているところには日焼け止めクリームを塗ることが大切です。

h18.jpg

紫外線にはUV-A、UV-Bがありますが

UV-Aは肌の奥の真皮まで到達しシミ以外にも、しわやたるみの原因になり

UV-Bは日焼けによるシミや乾燥の原因になります。


日焼け止めクリームの選び方

私が若い時は真夏に海や山に遊びに行くとき位にしか日焼け止めクリームを使っていなかったのですが

今は1年中必要なようです。

曇りや雨の日も紫外線が0になることはありませんし

雪が積もっているところでは紫外線の反射に注意する必要がありますね。

これから春になり日差しが強くなってくる季節。

早目に日焼け止めの準備をしませんか?

日焼け止めクリームを購入するときは何気なく書いてある数字が大きい方がいいように思っていたのですが

SPFFとPAの意味ってなんでしょうか。

調べてみると

SPFはUV-Bを防ぐ効果の数値で、数字が大きくなるほど効果が長く続くそうで、

SPF1で20~25分日焼けを遅らせるということです。

SPF20では400~500分なので6~8時間くらいは効果があるようです。

PAとはUV-Aを防ぐ効果表す目安で、+が多くなるほど肌が黒くなるのを防ぎます。

数字が大きくなると効果は大きくなるようですが、反面肌への負担もかかってくるので

生活によって数値の違うものを変えたりすることが大切なようです。

日常のちょっとした買い物や外出にはSPF10~20位のもの

炎天下のレジャーなどにはSPF40~50+位のもの

また暑い時期は汗や皮脂などで落ちてしまうので2~3時間ごとに、こまめに塗りなおすことが大切ですね。


シミを薄くするには

出来てしまったシミを薄くするにはどうしたらいいのでしょうか?

皮膚科などでのレーザー治療やハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれた塗り薬などが効果的だそうですが・・

治療費が高額だったり、刺激が強い薬はきちんと処方してもらってから使わないと逆に肌トラブルになるようです。

やはりシミは肌の奥で出来るものなので、性急に皮膚のシミを取るのではなく

美白成分の入った化粧品を使ったり、シミに効くビタミンCやL-システインの入ったサプリメントを摂ったり

栄養バランスのいい食事をするほうがいいようです。


最後に

顔にシミを見つけることは女性にとってショックなことですが・・

シミの元であるメラニンは悪者のように思っていましたが、紫外線から肌を守る役割があることもわかりました。

天気が悪い日も紫外線は降り注いでいるので、紫外線対策をしっかり行い

美白化粧品でのお手入れやサプリメントを摂ることでシミは薄く出来るようです。

また、コンシーラーやファンデーションでシミを上手に隠すことも出来ます。

自分に合った方法でシミ対策をしてくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございます。





にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。




関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT