スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容と健康に甘酒を

h3.jpg

寒い季節になると祖母はよく甘酒を作ってくれました。

小さい頃はあまり好きではなかったけれど・・・

大人になるとほんのりとした甘みと酸味がなんともくせになる美味しさ。

p48.jpg

お客様のおもてなしにもいいですね。

私が働くデイサービスでは、時々甘酒をおやつの時に出しますが

皆さんから大変好評です。

そんな甘酒について調べてみました。




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。






甘酒の効能

h10.jpg


甘酒には飲む点滴と言われるほど栄養豊富な飲み物です。

甘酒には麹で作りますが、この麹にはたくさんの酵素が含まれています。

酵素には食物の栄養を分解して消化・吸収を助ける役割や、

吸収された栄養分をエネルギーに変える役割があります。

デンプンをブドウ糖に、タンパク質をアミノ酸に分解したり

オリゴ糖や食物繊維により乳酸菌が増えたり

麹菌によりビタミンBを生成しているそうです。

女性にとって嬉しい成分であるビタミン類を生成する働きがあることや、

消化のサポートをする働きがあることから、

近年では美容や健康面でも注目されています。

お正月の初もうでの時に神社で振舞ってくれたり

寒い時期に祖母が作っていたので冬に体を温めるための飲み物だと思っていましたが

江戸時代には夏の暑さを乗り切るために甘酒を飲む習慣があり

甘酒は夏の季語にもなっているそうです。

昔の人は甘酒の効能を良く分かっていたんですね~。



こちらのHPより一部引用しています。



甘酒の種類

一口に甘酒と言っても作り方が2タイプあるのをご存じでしょうか?

1つは酒粕を使ったものともう1つは米麹から作ったもの。

酒粕を使ったものは酒粕に砂糖などを入れて作ったもので

アルコールが多少残っているのでお子様や妊婦の方

運転をする方などは注意が必要です。

米麹を使ったものは、お米のデンプンがブドウ糖に分解されて

甘くなっているので栄養豊富ですし、アルコール0%なので

小さなお子様から飲むことが出来ます。

h15.jpg

現在ではいろいろな甘酒商品が出ていますね。

紙パックや缶、ビンなど

またリンゴやショウガ、豆乳などをブレンドして飲みやすくしたものや

ゼリータイプもあります。

右の森永製菓の甘酒は酒粕、米麹両方使用しています。

左のマルコメの甘酒りんごブレンドは米麹で作ってあります。

市販の物もこのように酒粕・米麹の両方のタイプが販売されていますので

ご自分のお好みで選んでみてくださいね。


酒粕の効能

p47.jpg


なんとなくこれまで調べてみると酒粕の方がちょっと劣るようなイメージがありましたが

酒粕にも驚きの効果があるそうです。

先日のNHKのあさイチを見ていたのですが

その時、金沢工業大学の尾関教授が出演され

酒粕には「αーEG」という成分があり、

その成分が繊維芽細胞に働きかけコラーゲンを増やすことが出来るそうです。

酒粕でコラーゲンが増えるってすごいですよね。

テレビでは20代の女性の肌のコラーゲンの状態と

50代の肌のコラーゲンの状態を比べて

いかに加齢によってコラーゲンが減るかを目で確認。

私も同じ50代

わかってはいても20代方と比べると

「え~~っ!」というくらい少ない・・


その50代の女性5名に酒粕を毎日食べてもらって再度測定をすると

5名の内4名の方がコラーゲンが増えていました。

1日に50g摂取を続けると2週間くらいで効果が期待できるそうです。

甘酒で酒粕50g摂取するのはちょっと無理かもしれませんが

酒粕料理でコラーゲンUPが期待できるなら

これから酒粕も是非取り入れたい食材ですね。


手作り甘酒

現在は市販品もたくさんありますが・・・

やはり甘酒は手づくりが一番ではないでしょうか。

甘酒って割と簡単に出来るって知ってましたか?

h13.jpg

市販されている甘酒レシピ入りの米こうじ

h14.jpg

箱の中には100gパックが2袋入っています。

h12.jpg

ご飯に米こうじとお湯を混ぜて温度を50~60℃に保ち、

時々かき混ぜながら作ると、5~10時間で完成します。

炊飯器や鍋でも出来ますが、甘酒メーカーを使うと温度が一定に保たれるので

失敗なく作れます。



最後に

飲む点滴と言われている甘酒には酒粕から作られているものと

米麹から作られているものがあります。

それぞれに特徴がありますので、お好みで楽しんで頂ければと

思います。

また米麹と米を使って自宅で手作りすることも出来ますので

興味がある方は是非作ってみてくださいね。

h16.jpg

それから気になるカロリーについて

商品にもよりますが100mlで60~80Kcalです。

コップ1杯でも100Kcal以上になるので美味しくても

飲み過ぎないようにしてくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございます。


身体にいい食べ物はこちらをご覧ください。
美肌にチアシードがいいワケ




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。







関連記事

COMMENT - 0

LEAVE A COMMENT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。