スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO1アイブローはこれ。私の一押し

h31.jpg

私が化粧するときに一番緊張するのは眉を描く時ですが、あなたが化粧するときはどうですか?

私はもともと眉の形が悪いので、20年以上前に眉のアートメイクをしました。

アートメイクは入れ墨で皮膚に黒い墨を入れるものですが、私は痛みに耐えきれずに早目に終わってもらいました。
そのために薄く輪郭を入れてるだけですが、バランスよく眉を書くのにはとても便利です。

当時は流行っていたのですが、今もアートメイクってあるのでしょうか・・

私にとってはコンプレックスがある眉ですが、今朝化粧していたらアイブローがなくなりかけていたので、仕事帰りに購入してきました。

アイブローもペンシルタイプ、パウダータイプ、マスカラタイプなどいろいろなものが出ていますね。

以前は友人が化粧品会社にいたのでそのメーカーの商品を使っていたのですが、
そこのアイブローは柔らかいために芯が折れやすくて太めだったんです。
ちょっと使いにくかったのですが、そのまま使っていました。

数年前に100円ショップのアイブローがいいという噂を聞いて、購入してみたところ・・・

とっても使いやすくて、私のお気に入りになりました。

そんなアイブローのご紹介をしますね。




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。



目元がはっきり、DAISOのアイブロー

顔の中でポイントになるのは目元と唇ですよね。

私はあまり濃い口紅はつけないので、どちらかというと目元の化粧をしっかりしますが・・・

最近では目元のしわが気になりアイシャドーやアイラインは薄くして、アイブローを長めにしっかりと入れています。

そんな私のアイブローはDAISOの物です。

h68.jpg

もう5~6年はDAISOの細芯のアイブローを使っています。

一時期は替え芯もあって使っていたのですが、最近は見かけないのであまり需要がなかったのかもしれません。
今日行った時は細芯のアイブローの種類もいろいろあったのですが、私は以前から使っている「0D0K2」を購入しました。

もともとアイブローはどこのメーカーもそんなに高価ではないのですが、DAISOのアイブローは108円(税込)ととてもリーズナブル。

また、最近は近所にDAISOの店舗が増えて行きやすくなったのでとても便利です。


お勧めポイント

h67.jpg

DAISOのアイブローは芯が細くて適度な硬さがあるので芯が折れることなくきれいに線を引くことが出来ます。
特に眉尻の細い線を引くときにはいいですね。

また繰り出しタイプなので、削ったりすることもありません。

私はダークブラウンを使っていますが、他にも色がブラウンとブラックがあったようです。(他のはあまり見てなくてすみません💦)

h66.jpg

また、スクリューブラシがついているので描いた後にきれいにぼかすことも、これ1本で出来る優れものです。

DAISOの他の化粧品はあまり使ったことはありませんが、このアイブローだけは使い続けています。


最後に

私が使っているアイブローですが、100円とは思えないくらい使いやすい商品です。

もし、いいアイブローをお探しの方は一度使ってみてください。

100円ショップには他にも楽しいいい商品がありますよね。

また次回私がお気に入りの商品をご紹介します。


最後までお読みいただきありがとうございます。




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。




関連記事

COMMENT - 0

LEAVE A COMMENT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。