プラセンタって何がいいの?

h36.jpg

「美肌にはプラセンタ」っていろいろな化粧品やサプリメントでは広告していますが、プラセンタっていったい何?って思っている方も多いのではないでしょうか?

実は私もそんな一人でした。

「きれいになりたいな~」と漠然と思っているだけでは私のように、加齢とともにシミ、しわは増えていくだけです。
50代半ばになり、これ以上ひどい肌にはなりたくないと考えて、お肌にいいものを積極的に取り入れていこうと思っています。

そのためにはいろいろな美容成分を知ることが大切ですよね。

今回はプラセンタについて調べてみました。






にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。



プラセンタとは『胎盤』のこと

胎盤と聞くと最初はちょっとビックリ!

でも・・胎盤には、赤ちゃんの体を形成するために必要な栄養成分がすべて含まれているもので、
お母さんとと赤ちゃんをヘソの緒でつなぎ、赤ちゃんへ酸素や栄養を送るなど大切な臓器なんですよね。
栄養豊富なのも納得できます。

そんな胎盤も出産時に赤ちゃんと一緒に体外に排出され役目を終えますが、動物などは出産後にその胎盤を食べることもあるそうです。胎盤が栄養豊富だということを知っているのでしょうね。

そんな臓器なので、健康やお肌に有用な成分もたくさんあるようです。


プラセンタエキスの原料

プラセンタは胎盤なので、プラセンタエキスは基本的に動物から出来るものです。

一般的に多く利用されているのが豚プラセンタエキスです。
h52.jpg

豚は年に2回ほど出産する上に、1回に多頭出産するために比較的安価であり、SPF 豚のように厳しい衛生管理の元で育った豚は安全性も保持しています。

豚よりも多くのアミノ酸を含むのが馬プラセンタエキスです。
h50.jpg

馬は年に1頭ほどしか出産しないために希少価値があり比較的高価ですが、アミノ酸が豊富に含まれています。

羊プラセンタエキスは使用が規制されているそうです。
h53.jpg

羊は欧米では使用されているそうですが、日本では羊特有の病気のために使用が制限されています。

豚、馬、羊と調べると、牛って気になりますが、牛は狂牛病のために使われないそうです。

動物以外にも植物性のものもあるようですが、今回は胎盤から出来るものだけを調べてみました。


プラセンタエキスの効果

胎盤の栄養素などの成分を抽出したプラセンタエキスは、健康や美容分野で大変注目されており、化粧品やサプリメントなどにも広く使われいます。

プラセンタエキスにはダメージを受けた細胞から、新しい細胞を作り出すのを助ける働きがあると考えられ、お肌や皮膚の活性化につながると言われています。

プラセンタエキスは、アミノ酸がたっぷりと含まれています。
このアミノ酸はお肌にハリつやをもたらすコラーゲンを作る原料で、コラーゲンが増えるとふっくらとみずみずしい肌になります。
 
またプラセンタエキスには、肌の細胞を活性化させターンオーバーを促進させたり、抗酸化作用でシミやシワを改善する効果が期待できると言われています。

プラセンタエキスが入った化粧品やサプリメントは高級感があり、効果もありそうですが、高価なイメージがあり今までは気になりながらも使わずにいました。
でも、プラセンタエキスにこんなにいい効果が期待できるのならば、今後は積極的に取り入れていきたいと思っています。

  
最後に

こんなに健康とお肌にいい「プラセンタエキス」

早速、化粧品とシャンプーをお試しすることにしました。

プラセンタエキス入り化粧品は高いと思っていましたが、中にはお手軽価格の物もあります。

お試しの報告はまたブログで行いたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。






にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。






関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT