スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美肌に高カカオチョコレート

h34.jpg

春の一大イベントのバレンタインデーも終わりましたが・・・

チョコレートは食べられましたか?

私はお友達2人から手作りのチョコケーキとアソートチョコをもらって、家族で美味しくいただきました。
お友達には来月のホワイトデーではお返しをしないと・・・と考えています。

バレンタインデー前になるといろいろなメーカーのチョコレートがたくさん販売されていて、見るだけでも楽しくなりますが、このチョコレートの原料のカカオはスーパーフードということをご存じですか?

最近ではカカオの含有率が高いチョコレートも多く市販されていますね。

そんなカカオについて調べてみました。









にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。



スーパーフードとは

私達はスーパーフードと聞くと、なんとなく体にいい物・・・というイメージがありますが、このスーパーフードは定義と基準が決めてあるそうです。
*以下は一般社団法人日本スーパーフード協会のHPより一部引用しています。

定義
・一般の食品よりも栄養価が高い食品
・一般の食材と健康食品の両面の利用が出来る

基準
・「食歴」が長く、健康に寄与してきた食品
・安全で信頼出来る食品

このスーパーフードにカカオも含まれています。


カカオの特徴

h49.jpg
↑カカオ

カカオはコートジボワールやガーナなどの赤道近くの高温多湿な場所で生産されています。

写真のカカオの実1つに、だいたい30粒〜50粒のカカオ豆が入っています。カカオは生産地で発酵して乾燥させたカカオ豆が日本には入ってくるそうです。

このカカオには抗酸化物質と言われているカカオポリフェノールが含まれており、この抗酸化作用によってしわやシミなどを防止する効果があります。

このほかにも、
・血圧低下
・動脈硬化予防
・ストレスの緩和
などの効果もあります。

高カカオチョコレートの食べ方

h48.jpg

チョコレートは体にいいといっても、摂取するときには注意が必要です。

カカオ豆には脂質を多く含んでいるため、高カロリーです。普通のチョコレートでは30~40%、高カカオチョコレートは70%以上も含んでますし、食べやすくするために砂糖なども多く含んでいますので血糖値を上げやすい食べ物です。

登山などするときは皆さん必ずチョコレートをもっていかれますが、この高カロリーで血糖値を上げやすい所とサイズが小さくて荷物にならないところがいいんでしょうね。

また、体にいいカカオポリフェノールも体に入ってから数時間で体からなくなってしまうので、まとめて食べるよりも少しずつ食べるようにした方が効果があるようです。


最後に

おいしいチョコレートですがカカオポリフェノールの効果により美容にも健康にも効果があることがわかりました。

今までチョコレートを食べるときは多少の罪悪感があったのですが、これからは堂々と食べることが出来ますね。時間がある時にチョコチョコっと食べれるように、今後は常備しておこうと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございます。






にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。





関連記事

COMMENT - 0

LEAVE A COMMENT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。