ツヤ肌にはヘルシーオイル

h30.jpg

オイルや脂質と聞くと「太る」とか「体に悪そう・・」というネガティブなイメージがありますが、オイルは私達の体には欠かせない栄養素です。

私達の体は約60兆個の細胞からできていますが、その一つ一つの細胞をコーティングして形作っているのはオイルから摂取できる脂質です。
脂質が不足すると乾燥による粉ふき、肌のたるみが発生して年齢よりも老けて見られる……なんてことにもなりかねません。

オイルにもたくさんの種類があり、種類によって体に与える効果も違います。

最近はいろいろなタイプのオイルもたくさん販売されています。
そんなオイルについて調べてみました。





にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。




油の種類

油には不飽和脂肪酸(魚介類や植物油)と飽和脂肪酸(肉類、バター、ラード)があります。

不和脂肪酸のオイルは温度が下がってもサラサラしているという特徴があります。
飽和脂肪酸は温度が下がると固まる性質があり、現代人は飽和脂肪酸は十分に摂取していると言われています。

ヘルシーオイルというと不和脂肪酸のオイルなのですが、この中にも多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸があります。


多価不飽和脂肪酸

オメガ3・・・α-リノレン酸を豊富に含む
(亜麻仁オイル、ヘンプオイル、クルミオイルなど)
・抗メタボ効果
・アルツハイマーの予防
・心を穏やかにする効果
・美肌効果
・アレルギー症状の緩和
などの効果があります。



オメガ6・・・リノール酸を豊富に含む
(パンプキンシードオイル、べに花オイルなど)
・血圧対策
・更年期対策
・抗酸化作用
・コレステロール対策
などの効果があります。

h46.jpg
↑パンプキンシードオイルです。


一価不飽和脂肪酸

オメガ9・・・オレイン酸を豊富に含む
(オリーブオイル、アボカドオイル、アルガンオイルなど)
・抗メタボ効果
・腸や肝臓の機能向上
・抗酸化作用
などの効果があります。

h45.jpg
↑アルガンオイルです。

*一部、cibottaの商品カタログから引用しています。


オイルの特徴と使用方法

オメガ3とオメガ6のオイルは体内では作ることの出来ないので食事から摂ることが大切です。

またオメガ3は植物性のオイルの他にもサバ、アジ、サケ、イワシなどの青魚や、くるみ、アーモンドなどにも含まれています。酸化しやすく、熱に弱い性質があります。

オメガ6は揚げ物などに多く入っています。とることは大事ですが、カロリーが高いので摂り過ぎないようにしてください。

オメガ9は熱に強いので炒め物などに適したオイルです。

オイルは体に必須の栄養成分ですが、少量でもカロリーが高くなるためにバランスよく取り入れてくださいね。


とってはいけない脂質

体にとって必要な脂質と言っても、不飽和脂肪酸を科学的に加工して作られているトランス脂肪酸には注意が必要です。

トランス脂肪酸を摂取すると血液中の脂質の一種であるLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。

日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、心臓病のリスクが高まることが懸念されているそうです。

トランス脂肪酸を多く含む食品として、マーガリンやショートニングなど。
又、それらを原材料に使っている、パンやケーキ、ドーナッツ、カップラーメン、ポテトチップスなどは控えた方がいい食品です。

美味しい物って体に悪いものが多いですよね。
私が大好きなケーキやポテトチップスはついつい食べ過ぎてしまします。
ちょっと疲れた時にはケーキなどの甘い物をご褒美!なんて言って食べてしまいますが、今後は気を付けないと・・・

健康診断ではコレステロールの値も注意してみようと思います。

トランス脂肪酸の詳しい説明は農林水産省のHPをご覧ください。

最後に

体の健康やお肌のつやや潤いに不可欠な脂質ですが、体にいいヘルシーな植物性オイルや魚介類を積極的にとることをお勧めします。
体のためにはバランスよく取り入れることが大切ですし、オイルはカロリーが高いので摂り過ぎにはご注意ください。

また、トランス脂肪酸を多く含む食品は出来るだけ控えて、健康的な食生活を行うようにしましょう!


最後までお読みいただきありがとうございます。





にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ランキングに参加しています。あなたの1日1回のクリックが記事更新の励みになります。







関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT